2016/04/29

大学の公務員講座ってどんな勉強するんだろう?

d9de8f40dc745c33f999699b7ad7ca34_s

大学3回生になると将来について具体的に考える時期

娘も今年は大学3回生です。もうそろそろ将来の事について真剣に考える時期になってきました。

入学した当初は大学生活に慣れるのと、やれサークル活動・歓迎会だと忙しい1年間。2回生になればボランティアで地方へ行っては写メを送ってくるように。

「いったい誰のお金で行ってんの?」って言ってやりたいけど、今しか経験できない事だと思えば仕方がないかな?と親は渋々。

単位の方も順調に取得しているようなので安心なんですが、将来についてとなると手探り状態。教師や看護師・保育士・栄養士などきちんと目標があれば前に進みやすいのだけどね。

 

公務員講座受けてみたい

「公務員講座受けてみたい」

と、先日のこと娘から電話があり、親としてもお金を出す以上は知るべきなので公務員講座について調べてみました。

公務員講座といっても種類が多い(大学生協)

行政一括コース

行政事務系公務員を目指す、教養科目・専門科目の学習や面接対策、論作文対策、模試、個別学習指導など全般的なカバーをしてくれるので安心です。県や地方公務員等を目指す場合はこのコースになるようです。

受講価格テキスト込みで30万円~決して安くはないですね。

教養マスターコース

国立大学法人等職員・一部市役所・警察・消防などで働くのを志望する場合、専門試験が必要ない市役所の場合もこのコースです。

数的処理・社会学、教養科目のみの受験対策。

2次試験対策・模試5回・各種ガイダンス・個別学習指導

受講価格テキスト込みで10万円です。

科学コース

化学コースは、化学職を目指す場合のコース。

有機化学、無機化学、物理化学、分析化学といった化学専門の基礎となる分野を体系的に理解できる講座で、受講価格は3万5千円位。

心理コース

心理コースは、心理学の知識を生かして働きたい方向け。

心理系(人間科学系)公務員は、現代社会の中で、生きにくさを抱えている人、問題に直面している人に本気で関わり、問題解決や支援のための仕組みや制度づくりをしたい人にお勧め。

筆記試験のレベルが高いのと、面接も問題に直面した時に的確な判断ができるか?などが問われ厳しいようです。受講価格は8万5千位。

公務員試験の通信講座

公務員試験も通信講座がたくさんあります。

種類はテキストと添削のセットより、ウエブ講座・DVD講座が人気のようです。通信講座の良い点は、自分の都合に合わせられることと、家にいながら勉強ができる点でしょう。デメリットは、自己管理ができないと前に進めないことでしょう。

費用は25万円から30万円と高額な講座もあり驚きました。

できるだけ少ない費用でと思うなら10万円以下の講座もあるようです。

娘が希望するのは行政一括コース

5月からスタートして来年の5月あたりで受験シーズン到来。

かなり長いなぁという印象ですね。3回生となると、前期で単位を取得すれば後期は、ほぼフリーだからバイトに打ち込んでお小遣い稼ぎをする子も多いようです。しかし公務員講座は夏休みもあるので、そんな暇は期待できなさそうです。

大学で受ける講義形式なら真面目に受ければ何とかなるし、OBの方がチューターとなりアドバイスや面接対策までしてもらえるので安心です。同じ方向へ向かっている仲間もいるのは心強いですよね。家にいてもダラダラしがちな娘には、大学で講義形式の公務員講座がピッタリだと思いました。(本人も自分の事よくわかっているね)

公務員の昔と今の違い

昔は、筆記試験で合格すれば面接で逆転は無いと言われていた公務員試験も、現在は流れに変化が出ているようです。

公務員に求められている人物像とは

社会性・協調性・リーダーシップ・バイタリティー等・・バランスの取れた人が理想的なようで人物重視の採用へと変化しています。

だから、筆記試験(1次試験)よりも面接が2倍~3倍も得点率があるので面接対策は必須ですね。

疑問は、たった数分の面接で人物の評価が正しくできるのか??ってこと。

ある程度、コネコネも要るの??なんて冗談ですが・・・。うちはコネは無いから実力で頑張ってもらうしかないよ。

今の時代は大きな会社でも、ちょっとしたことが命取りになる不安な社会です。だからと言って公務員だらけになるとギリシャのようにもなりそうだし複雑な気持ち。何か新しい事をやってやろう!!自分で会社を興そう!!という元気な若者も日本には必要だと思うのです。

夢を追いかけて進んでほしいという気持ちもあるけれど、最終的に決めるのは本人です。たぶんキッチリした仕事がしたいのと、残業時間が多すぎる会社は自分には合わないと思っているみたい。しかし公務員も想像以上に厳しい世界で、働くってことは甘く見てはいけないと助言しておきました。

田井安奈

著者:田井安奈

アラフォー主婦で田舎暮らしの田井安奈です。 美肌は日頃の積み重ねに気づき美容に関すること・日々の生活のこと・テレビの感想などを書いていきます。

Twitterフォロー