2016/05/16

宝石(ジュエリー)と私と田舎の展示会

9e0d9650f28e7e9775da7d89553ea7e4_s

田舎暮らし・アラフォーの田井安奈です。

みなさんは、宝石←もはやこう呼ぶのが田舎っぽいです。(クッククック)

ジュエリーは好きですか?女性なら、嫌いな人が珍しいかもしれませんね。私も好きで何個か持っています。本物のジュエリーを初めて買ったのは、社会人になってからです。それも職場にやってきたジュエリー会社だから、半ば付き合いということで、友人と一緒に買いました。

人生初の買い物は真珠の3点セット

真珠のネックレス、イヤリング、指輪・・・これが社会人になってから、初めて鑑定書がついた買い物です。

女性なら本物のパールのネックレスは、必需品だと強くすすめられ購入する気になったのは、かれこれ○十年前のこと。

真珠は冠婚葬祭どちらもOKなので、購入後は数え切れないくらい身に付けました。ジュエリー販売の方の話では、葬儀にイミテーションの真珠は絶対に避けてください。・・・と言われたのが記憶に残っています。

その理由は、イミテーションの真珠は「偽りの涙」の意味だということを初めて知りました。その意味が本当かどうかは知りませんが、うぶな私と友人は信じていました。 今でも本当だと思っているし、結婚式や葬儀の参列など自信をもって身に着けることができます。良い買い物をしたと満足しています。

IMG_5926

ダイヤの婚約指輪をネックレスに

私は結婚するとき、婚約指輪を旦那からもらいました。その婚約指輪はダイヤの立て爪リングです。婚約指輪の定番ですね。しかし・・・全くというほど使わない。理由は、ダイヤが出っ歯ているから洋服に引っ掛けそうだし、指にはめるだけで仰々しいからです。

タンスの中に眠っていた、ダイヤの婚約指輪のその後はどうなったのでしょう?

IMG_5923

じゃーん、ダイヤのネックレスにリフォームしました。ネックレス部分のプラチナも含み代金は5万8千円でした。

 

リフォーム後のネックレスは普段使いにも良いし、真珠のネックレスとダブルで使うと素敵です。それからは誕生石のリングやブラックパール等、数種類持っている程度ですね。

真珠も、今では比較的買いやすい価格になっているようなので羨ましいです。私が買った当時は、お値段もかなり高めで、2年ローンのボーナス払い付きで今の1.5倍だったと思います。

100万~300万のジュエリー

私の住んでいる田舎は、そのものを必要としていないのかジュエリーショップはありません。だから時々近所のお店に、ジュエリー屋さんがくるのです。

所狭しとズラリと並んだジュエリーは、それは見事に眩しくてキラキラ感満載です。う~ん、リングをはめてみたいけどサイズがね・・・小さくて入らない。私の指は、いつの間にか成長し続けているようなんです。

私と同年代が数人~人生の先輩のお姉さん達数人で、ワイワイ賑やかに見たり実際にネックレスを付けたりしていると・・・。値段を見てビックリ!!

目の前にあるジュエリーが300万円??私は??マークしか頭に浮かばない。車一台買えるほどの値段のものを、こんなに無造作に触っていいの?

ちょっと、みなさん手はキレイですか?と言いたいくらいですが、この値段もあって無いような値段です。私は買う気が無かったから、遠目で見ているだけでした。

しかし、ジュエリー好きのお姉さま方は

「あらん、○○さん…そのネックレス素敵じゃない~~~」とお互いに褒めあっているから面白い。これって本気で思っているのかどうかは確かではないけど、見ている側は面白かったですね。

それにしても、200万や300万の指輪~名前は忘れたけど、あんなに無造作に置いて良いものかどうかは最後まで謎のまま。リングが1個くらいなら紛失しても分からないです。

でも、そこは田舎の良いところ、みんな顔見知りだし、お互いに信用しているからこそ成り立っているんでしょうね。

田井安奈

著者:田井安奈

アラフォー主婦で田舎暮らしの田井安奈です。 美肌は日頃の積み重ねに気づき美容に関すること・日々の生活のこと・テレビの感想などを書いていきます。

Twitterフォロー