肌のたるみで損していませんか?実年齢より老けないための秘訣

田舎暮らし・アラフォーの田井安奈です。

アラフォーの女優さんをテレビで見かけた時に、あれっ?こんな顔だったけ・・・って、ちょっとビックリしたことありませんか?

ドラマで度々見かける女優さんは、見慣れているせいなのか・・・違和感をあまり感じないですが、数年くらいの間隔が空くと何かが違う~何だろう?。私が思うに、たぶん顔がたるんで老けて見えるんですね。若いころのメリハリが感じられず、顔がボンヤリした印象です。

女優さんですら、そんな風に見えるとなれば、私なんて相当なものかもしれないと思いますね。子供が帰省したときに「お母さん、何か老けたよ~」って言われるのも実は正しいのかも。言われた後に鏡でじっくり顔を見ると、少し「ブルドック顔」になったような・・・悔しいけど本当だったなぁ、他人がこんなことを言ってくれるはずもなく、子供の正直なアドバイスに感謝しなきゃ!ね。

4fedbefa0fd3ae759889d74c5f8b63e5_s

たるみの原因は

私だって昔は肌のハリもあり、そこそこの美肌だったのです。でも年齢とともにたるみは少しずつ現れ始めて、気が付けば顔の輪郭もシャープな部分は丸く、少しぼやけたように見えます。あなたも目元や口元が下がるなんて経験ありませんか?私も、30代ではこのような心配はなかったけど、40代になり確実に表れて始めたんです。一番気になったのは、目尻でたれ目になってきました。

写真に写った自分の顔を見た時が一番ショックですね。目元ばかりではなく頬にはうっすらと段ができたりしています。あれれ~、締まりがなくなったわ~と思い、髪を束ねてポニーテールにすればたれ目も少し上がりシャキっとします。まるで松田聖子さんのようにです。実はこのような顔の変化は急には現れているんじゃなくて、静かにゆっくりと進んでいくから怖いですね。

このままにしておけば、実年齢よりも老けて見られ、なんと10歳も老けて見られるなんて耐えられないです。できるものなら、これ以上は御免だし何とか食い止めたいです。

弾力の低下

肌のたるみと弾力はどうしても切り離しては考えられないようです。肌の真皮層には、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン等の成分があるので弾力も保たれているようです。弾力の低下の原因は様々あるようです。

紫外線

紫外線は健康には必要なものもあるようですが、お肌にとっては大敵ですね。特に真皮層まで届くUVAは、肌細胞にダメージを与えてしまうので、コラーゲンやヒアルロン酸等の生産が追い付かなくなるようです。

生活習慣

肌に必要なコラーゲンやヒアルロン酸などを細胞が生成するには、たんぱく質やビタミンC など様々な栄養素が必要。細胞が栄養不足になると肌のはりも失われるようなので、食生活の見直しや、睡眠など生活習慣を今から見直すことが重要になってくるようです。あなたは何時に寝ていますか?「美肌は夜作られる」のは有名で、肌の生まれ変わりを促す時間をゴールデンタイムと呼ばれています。できるだけ12時前には就寝して良い睡眠をとるように心がけましょう。

乾燥

水分不足の状態で、たるみと水分は意外だと思われるかもしれません。角質層の水分が不足したら、真皮層のに負担がかかり「たるみ」に繋がるようです。

加齢

年齢とともにコラーゲン等が不足してきます。40代はヒアルロン酸は、赤ちゃんの約半分らしいですよ。

表情筋と深層筋

2種類の筋肉がお互いに支えあっているから、どちらかが衰えればたるんでくるようです。

姿勢

20代のたるみの原因は、長時間のデスクワークが原因ともいわれているほどです。悪い姿勢を長時間続けると、顔の筋肉が引っ張られてしまい「たるみ」に、猫背も関係があるようですよ。

たるみを解消するにはどうしたら良いか?

「たるみ」と言っても原因は人それぞれです。色々な原因が複雑に絡み合って「たるみ」に繋がっているようです。もう、これ以上たるませたくない!少しでも解消したい時は注意することが何点かあります。

「紫外線対策」「バランスの良い食生活」「質の良い睡眠」「保湿」

「顔の表情筋と深層筋を鍛える」「姿勢を正す」「顔と頭皮のマッサージ」

29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_s

こうやって見ると、原因の反対の事を心がければ、「たるみ」の解消と予防ができるようです。難しい事ではなく、今からでも実行できることがたくさんありそうですね。「たるみ」と同時に美肌も保てそうなので、次回子供が帰省するまで美肌を手に入れなながら、たるみが解消できれば良いなと思っています。

田井安奈

著者:田井安奈

アラフォー主婦で田舎暮らしの田井安奈です。 美肌は日頃の積み重ねに気づき美容に関すること・日々の生活のこと・テレビの感想などを書いていきます。

Twitterフォロー