2016/05/30

オバちゃんの列車内の話声は騒音?カラスよりすごいかも!

田舎暮らし・アラフォーの田井安奈です。

オバちゃんは、一般的に何歳くらいから当てはまるとおもいますか?う~ん、45歳~50歳~60歳・・・よくわかりません。気持ちの持ちようや行動によって違いが出てくるしね~。あなたは自分の事を「オバちゃん」って思っていますか?「そんなバカな!まだまだ10年は早いわよ!!」って怒りの声が聞こえてきそう。

都会のオバちゃんの事はよく知らないけど、田舎のオバちゃんは超元気ですよ。でも、元気過ぎるがゆえに困る事もあります。

列車内のオバちゃんの話し声

39196501722cca6b5065c52514401c1c_s

先日こんなことがありました。田舎暮らしでは移動手段はもっぱら車なんですね。殆どの家庭では一家に数台の車を所有しているのが現状です。車がないと生活ができないと言っても過言ではありません。

そんなわけで、私がJRの利用といえば年に数度程度で、めったに機会がないのに・・・。1時間程、汽車に乗ることになりました。その日の私は寝不足がたたって、ひどく疲れていました。幸いにも空席が多く座席にゆったりと座ることができました。適度な揺れで気持ち良くなりウトウト気分。

ところが、それもつかの間でした。数駅過ぎた頃のことです、何だか騒々しいなぁ~何々??

オバちゃん軍団が6人ドヤドヤと乗り込んできたのです。すんごい勢いを感じながらも、いったいどこに座るんだろうと思いながら見ていたら・・・なんと私の隣に所狭しと座り込んでしまったのです。

しまった!!私の隣がガラガラだったのです。何だか嫌な予感が・・・。そのマサカが的中してしまいました。オバちゃん軍団座席に座りながらもワイワイと騒々しいんです。

jRのホームでも待ち時間で散々喋っていたはずなのに、まだ話し足りないのか乗ってからも絶え間なく喋る~喋る~喋る。時々大音量のもの凄い笑い声が響きわたるからたまらない。

ガタガタと揺れる度に、オバちゃんの身体も揺れる~トンネルに入れば、トンネル特有の音がするんだけど、その音に負けじと声が一段と大きくなる始末。4a951b2a56cfb057430aad7c9a1443f5_s

これは、もう騒音ですね!!カラスのガァーガァーという鳴き声なんてかわいく思えるほどです。周りで静かに座っている人達の視線も感じないのか、全くお構いなし状態です。

 

おいおい、オバちゃん…せっかくスカート履いてるのに足が開きっぱなしだよ。そこの隣のオバちゃん、口の端っこに泡が付いてるけど・・・。

もう我慢の限界

寝不足で、我慢出来なかった私は、その場から避難することを決意しました。次の駅に停車するのも待ち切れずに、これ見よがしに・・・スクッと立ち上がり、かなり離れた座席までフラフラしながら移動。

あぁ~ここなら、あの騒音から解放されてホッとできるわ~とね。

すると、オバちゃん軍団は次の駅で全員ぞろぞろと降りていくではありませんか!!。それも、私の前を通り過ぎながら、一時も静かな時はなく喋りっぱなしで。

そのお口もマナーモードに

スマホ

公共の乗り物って、「携帯電話は周りに迷惑をかけるから、マナー-モードにしてください」とアナウンスがありますけど・・・。オバちゃん話し声も追加して欲しいなんて、私の口からは言えません。しかし、同じように思っているのは私だけではないと思うんだけど、あなたはどう感じますか?

未来の私?

まぁ~10年後?いや20年後は、私も同じようになっているかもしれない。いえいえ、そうはなりたくないわ!と、その時心に決めました。

でもね、田舎はオバちゃん連中のパワーで成り立っていると言っても過言ではないのよね~。何か催し物があるときだって、オバちゃん達がいないと始まらないことが多いのです。オバちゃんが田舎を元気にしているようなものだから。大目に見てあげなきゃとも思うから複雑な気持ちが本音です。

200669f9fda3ae5abd433a8b25b1dd60_s

田井安奈

著者:田井安奈

アラフォー主婦で田舎暮らしの田井安奈です。 美肌は日頃の積み重ねに気づき美容に関すること・日々の生活のこと・テレビの感想などを書いていきます。

Twitterフォロー