梅雨時の高湿度でダニ・カビは大繁殖!対策方法は?

ff9fff41d674f1e9c63690487e6bb127_s田舎暮らしの田井安奈です。

梅雨に入り部屋の湿度がハンパなく不快ですね。あなたは嫌な湿度と、どうやって戦っていますか?

梅雨時の湿度は不快だらけ

湿度は空気が乾燥する冬にはありがたい存在、しかし梅雨時に湿度が高くなると気分も落ち込みがちに。家で素足で過ごすことが多い私は、フローリングに足の裏がベタ付いて気持ち悪いのなんの・・・。

おまけに、ワンコもいるから、匂いも気になるのが悩みの種です。我が家の犬はトイプードルだから匂いは少ない方ですが、年中一緒に生活している私の鼻は、もはや匂いには鈍感になっているかもしれないです。だから来客の予定がある時は、玄関先にはアロマをたらした小皿を置いたりと少なからず工夫をしています。

部屋干しの洗濯物の匂いが気になる

部屋干し特有の嫌な臭い匂いの原因は、洗濯しても残っている汚れが酸化したり、カビの繁殖が原因のようです。対策は汚れをきちんと落として、早く乾燥させることなんですが・・・。

脳にも影響を与える

洗濯物の生乾きの匂いは、脳にストレスとして影響を与えてしまうようです。人間の臭覚とは安全か危険かを見分けるために重要な器官で、脳の近くに臭覚をつかさどる神経があるようです。ただでさえストレスに弱いのに、匂いでストレスが溜まるなんて初めてしりました。

しかし、嫌なのは私であって、カビやダニにとってはこの季節が大好きだってことを知っていますか?

梅雨は人間には不快でも、ダニやカビは天国

湿度が高くなると、私の不快指数はマックスになりますが、ダニやカビは反対にイキイキしてくるようです。

目に見えないダニの死骸やカビはアレルギーの原因にも。赤ちゃんや小さな子供さんがいれば、わずかな量でもアレルギー症状が出やすいので注意が必要のようです。昔は隙間が多い家だったけど、現在は高気密住宅でダニの死骸の逃げ場もないので皮肉なものですね。

生乾きの洗濯物対策

梅雨時は雨が降るので、洗濯物も部屋干しする日が多くて困ります。湿度が高いのに濡れた洗濯物を部屋に干せば、もう大変なことになるのは目に見えています。扇風機を回したりエアコンを付けたりと対策をしています。少しでも早く乾かすためにアイロンも登場!タオル類はなかなか乾きにくいので高温でアイロンをかければ乾きも早いのです。

洗濯機の風乾燥機能を使えば、少しだけでも乾いた状態になるので、最近は毎回のように1時間ほど風乾燥は欠かせません。ここまで、湿度に関してベタベタが嫌だ!匂いが気になる!等・・・グダグダと愚痴ばかり書きました。

部屋の湿度対策

 

湿度が50%なら、肌もベタベタしなくて快適な環境なんですね。

そこで私がたった今、寝室の湿度を測ったら・・・ガーン!!何ていうことでしょう???

湿度計の針が79%を指しています。これじゃ湿地帯に寝ているようなもので、ダニさんカビさんおいで~おいで~状態。大至急湿度対策をしなくては大変なことになりそうです。早速、エアコンの除湿ボタンのスイッチを押して、観葉植物は、一時別の場所へ移動ですね。

除湿器を使う方法もあり、タンクに溜まった水を見れば一目瞭然です。やった~これだけ除湿できたと思えば気分も良くなりますよね。

他に空気清浄機を併用すれば、湿度・カビなどの対策にもなるので、アレルギーの心配があれば試してみる価値はありそうです。我が家もアレルギー性鼻炎の家族がいるので空気清浄機は活躍中。

除湿機能もそなえた空気清浄機も人気があるようで、これなら一年重宝しそうな感じです。嫌な梅雨時でも洗濯しないわけにはいきません、嫌な匂いがストレスにならないように快適な湿度を目指しましょう。

 

田井安奈

著者:田井安奈

アラフォー主婦で田舎暮らしの田井安奈です。 美肌は日頃の積み重ねに気づき美容に関すること・日々の生活のこと・テレビの感想などを書いていきます。

Twitterフォロー